Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

読書感想文SP

48「源氏物語宇治十帖【椎本】」

 

読書感想文048
紫式部「源氏物語宇治十帖の二【椎本】」
 
★超速あらすじ★
八の宮逝ったああああーっ!
親父殿「くれぐれも、女を安売りせぬように(薫以外)」
姉姫様「委細承知(薫含む)」
  

 :タイトルに「宇治十帖」と書きたかったが為に、

  【橋姫】から始めちゃったけど、

  これだと【匂宮】【紅梅】【竹河】が浮いちゃうよなー。

 

さておき、八の宮様退場編です。これにより、姉妹姫の精神防御力が脆弱化します。

そして宮様臨終の言葉が歯痒い。
お話は桜満開の折、宇治川を挟んだ彼方と此方で川船を介した手紙のやり取り。
前回「橋姫」帖にて薫中将と親友匂宮の間で姉妹姫の情報が共有されたため、
いっちょ御尊顔拝しにいくかと、近くに所有する六条院ゆかりの別宅へ繰り出す。
六条院は光源氏時代のハーレム宮殿で、この時点での所有者は嫡男の夕霧。
女性のような名前ですが、れっきとした男性で源氏物語第2部主人公であります。
物語としては面白いけど、姉妹姫の存在が匂宮のみならず、夕霧にまで知れたのは、
この後、読者にとってストレスになっていくから微妙な気持ちになる。
兎も角も、宇治川のこちら側で薫&匂ボーイズと大挙参加のお付きたちが、
音楽やら遊戯やら、どんちゃん騒ぎ。
川向こうでは宇治の山田舎で慎ましく生活する八の宮一家の耳に、喧騒が届く。
八の宮からの差し出しで始まった手紙のやり取りは、1回目の折り返しから、
匂が桜枝へし折って恋文基調に仕立てたから、八側の返事を妹姫に書かせたり、
薫−姉姫、匂−妹姫のカップリングが暫定的に出来あがった。
 
どうも、この匂の押しの強さが姉妹+親父殿を警戒させて、
薫にとってマイナス影響でしかない。つか手当たり次第だった第1部光源氏、
嫁さん無理矢理押し倒した第2部夕霧と打って変わって、
第3部メインの薫は「姉姫が心を開くまで待つ&無理強いはしたくない」とか、
『源氏物語』にあるまじき発言やらかしたのが衝撃的だった。
この点について、「椎本」で印象的なシーンがある。
彼が若くして仏道に関心を持った背景に出生の秘密が強調されている。
もちろん「橋姫」にて明らかになった後付けであるから、
生来の性分を補強する要素であるのは違いないが
父親である柏木の罪(※女三宮託卵)を雪ぐために子孫が精進するという意識は、
現代日本人には忘れられた宗教観である気がする。
先祖伝来の墓を守るなど、形としては残存しているかも知れないが、
私個人としては、出来ればご先祖様の罪は当人が血の池で購っていただきたい。
  
絵巻物として、和歌を中心に場面場面が独立しているためだろうか。
『源氏物語』各帖で心に残るシーンは複数挙げることが出来る。
・宇治川を挟んだ手紙のやり取り。匂乱入
・八の宮退場前の遺言じみた姉妹姫との会話
・八の宮の遺体との対面を阿闍梨に断られる姉妹姫
・喪中、宇治山荘での姉妹姫の会話
・八の宮亡きあと、かつて仏道を学んだ居間で柱に寄り掛かる薫。表題「椎本」
・ゴイゴイ匂の恋の橋渡しする薫と姉姫の会話。微妙に内容がずれる
キリがねーわ(爆)
 
「椎本」帖におけるエロスは、ラストの喪服覗き見。
別段、裸とかオマルに跨ってる姿とか盗み見ようってワケじゃない。喪服である。
ただし、時間的に喪が明けてなお、悲しみから抜けられないでいる姿を、
薫に見せるコトが姉妹にとって恥ずかしかったのだろうか。
居合わせないよう、覗かれないよう部屋の備えに余念がない彼女たちとは裏腹に、
ちゃっかり覗かれちゃってるんですけどね。
面と向かっていれば、隠されたり逸らされたりの顔パーツや着衣の隅々まで、
目に焼きつけられるとゆーエロス。
あとガールズトークかな?それまでの歌遊びによる攻防で、
じれったいくらい素の会話を引き出せなかった薫にとって、
恋に落ちるには充分過ぎるライブ中継だったに違いない。
不幸にも、それは薫から姉姫に対する一方通行な秘密事であり、
姉姫にとって薫は、依然そうでないコトが覗き行為の罪深い点だろうか。
姉姫には、親父殿から遺された戒めと、喪中に姉妹が語らった言葉、
少し絶望的な要因が、幾重にも折り重なっている気がする。
 
「椎本」にて初めて、姉妹の年齢が暴露されている。
姉姫25歳、妹姫23歳。あれ?想像していたよりお局寄りだった。
この時代の婚姻といえば、清盛様が10歳の帝へ14歳の娘を嫁がせて、
孫はまだか?孫はまだか?ゆってるのが鮮明にこびりついて、
男女関係の常識に支障を来たす。
『源氏物語』本体は挿絵アリなので、文章になくとも、
裳着(もぎ)がついてるか否かで、児ポ法に抵触か回避か判断材料になった。
「橋姫」の段階では姉妹姫の印象は、あどけなさの残る甘えん坊さんで、
どちらかと言えば八の宮から姉妹姫への偏向愛を感じていた。
そもそも姉妹姫出生譚からやらかすから、故意の誤読を誘発する。
ひょっとしてだけど、ひょっとしなくても、
姉妹姫って重度のファザコンなんじゃ?
 
此処にきて3枚目のバリヤーが張り巡らされる。
冒頭で口走った姉妹精神防御ルカナンとか、何の世迷言。
   
  • 2020.06.23 Tuesday
  • 00:00

Comment
Send Comment