Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

自分語り

ギャグ霊能力その後

 

私は霊能力なんてありませんよ
 

 :去年になりますか、私の冗談じみた霊能力について語りました。

  自覚ないけど、死神が近くにいるのを感知する?みたいな?

  

小学校5年生の曾祖母他界を最後に、それっぽい話もご無沙汰になります。

まあそもそも、それ以前の2例も周囲から聞かされた話ですけどね。

大人になったら消えちゃう系か、前回ラストにつぶやいた、

亡くなった曾祖母の代わりに出てきた〇〇〇゛〇〇が御守りになっているのか、

いずれにせよ、霊感的なシチュとは疎遠な日々を送っておりました。

曾祖母以降、身の回りで亡くなった親族は母者人の実母と実姉のみ。

祖母のとき、私は京都に住んでいたので彼我の距離100km級。

伯母にしても隣町住まいで、下手すると1ヶ月くらい顔を合わせてなかった可能性。

範囲をアカの他人に拡大しても、身の回りで誰かが亡くなったのは記憶にないな。

もともと、この話の肝は自分が自覚できていない点だからな。

 

そんなふうに思い返していると、一件だけ、身の回りで亡くなった人がいて、

かつ私が接触を避けていた事例があった。

つか説明すると、あからさまに霊能力とかそんなのじゃないですけどね。

とある仕事のかかりに、50代半ばくらいの中途採用の男性をあてがわれた。

とりあえず1週間、一緒に仕事して、以降は別々に現場を見れるようにとのお達し。

で、初日を終えて帰宅後、夜の23:00時を回っていたと思う。

これからの相談も踏まえて、一緒に飲まないか?とのお誘いの電話がありました。

自宅が近所だというのは事前に話していて、飲み屋まで自転車で10分くらいかな。

いやっ、でもっ、あり得ないからっ!

ひと現場終わって打ち上げに誘われた22:00過ぎの飲みなら、

ほいほいとおびき出された過去はありましたけどっ!

仕事も終わっていないうちから相談とはいえ、明日の職場で聞くからっ!

まあ、ふつーそんな反応するでしょう。

お断りはよそ行きふうで、やんわり明日も早いですから程度でしたけどね。
それに、この頃の私は飲酒も進んでやらなかったです。

 
そしたら2日目のおじさん、無断欠勤しました。
3回くらい直電入れたかな?その後は上司に伝えて単独で仕事に向かう。
その後、15:00時くらいだっただろうか。
上司から、おじさんが自宅で亡くなっていたと聞かされる。
警察から職場に電話があって、私が出払っていたため上司に伝言。
昨夜の飲み誘いからぶっ続け、私と頻繁に通話履歴があったとのコトで、
いずれ警察が話を聞きに行くかも知れないと言われました。
結果、明らかに病死だったので警察からの連絡なし。
  
これ、死神拒否体質は関係ないでしょ?
23:00時の然して親しくもないおじさんからの飲み誘いとか、
行かないでしょ、普通。
反面、行けば、どんな話があったのかとゆー疑問は残る。
 
  • 2020.05.12 Tuesday
  • 00:00

Comment
Send Comment