Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

自分語り

沖縄慰霊祭

 

遺族そっちのけで慰霊する異例の慰霊祭
   

 :今年も沖縄の慰霊祭がやって来ました。

  うちは観光客でごった返す海開きシーズンに、

  沖縄いったことないですけどね。

 

祖母が存命の頃はよく旅行しておりました。リピート率ダントツです。

とゆーのも、母方の祖父が徴兵で沖縄戦に従軍し還らぬ人となったから。

私と篝璃の二人旅だとフットワークも軽いので、離島に足を伸ばすのですが、

祖母含む家族旅行だとツアーバスに参加して、

沖縄記念公園で足抜けさせてもらうパターンがほとんどでしたね。

抜けたあとで不慮の事故などあった場合、

旅行社は責任負わないなど一筆書き添えるので、前例ないわけじゃないけど、

まあツアー途中離脱なんて目立つわな。摩文仁の平和記念公園には、

沖縄戦で亡くなられた方々の名前を刻んだ「礎(いしじ)」があり、

ツアーバスだと戦争資料館の見学30分程度しか時間が割かれないため、

「礎」にお線香あげたり、少し歩いた先にある国立墓地に献花したい、

祖母の意向が強く働きました。

花は地元の婆ちゃんが行商しているので、手ぶらでおKでつよ。

んで、この「平和の礎」に祖父の名を刻む過程で、大叔父貴の武勇伝あり。

徴兵とはいえ、祖父が軍属だったためコトが円滑に進まなかったとか。

最後は半ば強引にねじ込んだらしいのですが、

沖縄慰霊祭の招待状いまだ1度も届かねーし

来てりゃ、親族の誰かを毎年派遣してただろうな。律儀だから。

祖父の従軍先を軽くネットでググったけど、よくわっかんない。
代わりに摩文仁とは別の京都慰霊碑をみつけた
何?此処、行ったコトない。
京都戦没者2536名だそうです。黙祷。

ちな大叔父貴の父君はサイパン玉砕だそうで、

タヒぬまでに一度は旅行したいと言っておられましたが、

もう歳だし無理だろうな。

なので現上皇陛下がサイパン慰霊されたときの喜びようったらなかった。

いや、上皇陛下よりちょっとだけ若いんだけどね大叔父貴。
 

召集令状は2月とだけ記憶していて、年のほう定かでありませぬ。
終戦の年だとしたら、2月素人動員→4月激戦とかあるのかな?
召集に関しての話も詳しくないのですが、
25歳の健康な男子がそれまで召集されなかったのも不思議で、
祖父が戦争に取られたら商売成り立たない状況下があったものの、
思い当たるフシがあるとすれば、前年ようやく待望の嫡子が生まれている。
それなら問答無用の赤紙みたいな話も、少しおかしな方向になってくる。
召集令状については、歴史のメスを入れる必要があるな。
  
あと九段下の靖国神社には、たぶん祖父は祀られていないと思う。
「平和の礎」と同じく戦没者遺族の申請が必要だったはず。
靖国神社なら召集記録と戦没記録があれば受理も容易だっただろうが、
一族郎党誰も東京に縁がないからしょーがない
伯父貴が修学旅行でいったくらいかな?
伯父貴の息子は大阪で就職したのだが、現在東京赴任中だっけか。
戦没した祖父にしても、沖縄行く前に立ち寄ったのは、
京都か大阪の護国神社だろうしな。
  
それでも、靖国神社に祀られるのが悪いコトみたいな社会風潮がなければ。
ま、いっか。この先、仕事でもなければ東京行くこともあるまい。
   
  • 2020.06.02 Tuesday
  • 00:00

Comment
Send Comment