Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

包括編集後記

後記「中臣烏賊津」

 

万葉恋綴(まんようこいうた)上下巻
中臣烏賊津(なかとみのいかつ)に関するあとがきです
   

 :中臣姓とゆーコトでおわかりかと思いますが、

  摂関政治で平安時代を荒らした、藤原氏の祖ですね。

  

中臣烏賊津(なかとみのいかつ)、
あるいは中臣雷大臣命(なかとみのいかつおみのみこと)。

『日本書紀』のみ記載で『古事記』には伝承されていないため、

wikipedia先生では中臣鎌足(なかとみのかまたり)でぶった切られております。

小説で好き勝手に創作してよいキャラクターでもないのですが、

オリジナル設定を幾つか確認したいと思います。

衣通媛(そとをりひめ)を使いしたくだりは「允恭帝紀」に忠実ですが、

忍坂大中媛(おしさかのおおなかつひめ)に従いつつ、

心情は衣通媛寄りとゆーあたりが脚色あり。

最後、衣通媛を後追いしてMIAするのも創りました。

作中で百済海人の末裔を自称するのもソースはありません。

大臣が百済女性を娶ったとするくだりが『続日本紀』にみえるのですが、

これは祖先伝承の類であり、『続日本紀』に記載されている伊賀津臣と、
『日本書記』の烏賊津臣が同一人物である根拠はありません。

当時の百済が古代倭に含まれていたのかは意見の分かれるところですが、

王族同士、もしくは臣下で姻戚関係が結ばれていたのは事実でしょう。

それを以って百済は日本と定義するのは乱暴だと思います。

百済と同様、南九州では大和王朝に対して后を差し出すプロセスはあったが、

それのみでは隷属支配か共同支配である根拠に過ぎず、
日本領土として捉えるには禅譲に類した記載がともなわなければならない。
現段階では前方後円墳が注目されているようだが、
少なくとも、南九州に見られる皇室直轄領である屯倉(みやけ)の存在が、
朝鮮半島で確認されなければならないのではないか。
いずれにしても、百済海人の流れは母系であって、
男系としての中臣烏賊津の源流を辿るものではない。
文献から読み解くなら中臣氏は、海人の流れとゆーより、
朝鮮半島情勢と大和朝廷とを結んだ密使、つか託宣を告げる神職っぽい。

以下は、中臣烏賊津から藤原氏有名どころまでの直系。参考までに。

 

 

中臣烏賊津(雷大臣命)── 大小橋命 ── 中臣阿麻毘舎卿 ── 中臣阿毘古 ──

 

中臣真人 ── 中臣鎌子 ── 中臣黒田 ── 中臣常盤 ── 中臣可多能祜 ──

  
中臣御食子 ── 藤原鎌足(614-669)── 藤原不比等(659-720)──
 
藤原良前(681-737)── 藤原真楯(715-866)── 藤原内麻呂(756-812)──
 
藤原冬嗣(775-826)── 藤原良房(804-872)──
 
藤原基経(836-891※養子、父は兄長良802-856)── 藤原忠平(880-949)──
  
藤原師輔(909-960)── 藤原兼家(924-990)──藤原道長(966-1028)──
 
藤原頼通(992-1074)── 藤原師実(1042-1101)──
 
藤原師通(1062-1099)── 藤原忠実(1078-1162)──
 
藤原忠通(1097-1164)── 近衛基実(1143-1166)
  
  
鎌倉時代以降、藤原氏は五摂家(近衛、鷹司、一条、二条、九条)の姓を名乗る。
今回は道長、頼通ラインで近衛家までを追った。
良房の養子である基経に関して、
本来ならば直系である冬嗣−長良−基経ラインを追えばよかったのですが、
藤原氏台頭の礎を作った良房様を外したくなくて、ちょいとゴチャしました。
第38代内閣総理大臣である近衛文麿は、男系を後陽成天皇の12世子孫とし、
近衛基実より17代目前久(1536-1612)の娘、前子が後陽成天皇に嫁いだため、
藤原摂関家は母系となる。
日本史の副読本として家系図を添付すれば、
わりと愉しいものになるのではないでしょうか。
   
さらに以下は、中臣烏賊津より天地開闢まで。参照先こちら
  
天御中主神 ── 津速産霊神 ── 市千魂命 ── 興台産霊 ── 天児屋根命 ──
 
天押雲命 ── 天多祢伎命 ── 宇佐津臣命 ── 御食津臣命 ── 伊香津臣命 ──
 
梨迹臣命 ── 神聞勝命 ── 久志宇賀主命 ── 国摩大鹿島命 ── 巨狭山命 ──
   
雷大臣命(中臣烏賊津)
  
このへん、ギリシャ神話で服属した地域が続々と、
主神ゼウスの姻戚関係になっていった経緯に似ていて面白いです。
    
  • 2019.10.08 Tuesday
  • 00:00

Comment
Send Comment