Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

読書感想文SP

40「ナイチンゲールと薔薇の花」

JUGEMテーマ:読書

読書感想文040

      
 : リンク先はYou Tube
   「きくドラ」さんのラジオドラマです

   あと顔写真スネイプ先生じゃありません。
    

私が初めてこのお話を知ったのは幼稚園のとき。

送迎バスを待つ朝の時間に放送していた、
「世界昔ばなし」のうちの1作品でした。
これを当時、宮城まり子さんのCVで放映。
まり子姐さん、身投げ寸前の世を儚んだ青年役ハマリすぎ。
※上記感想は「世界昔ばなし」全般の話であって、
 ナイチンゲールとは関係ありません。
「日本昔ばなし」同様、ローテーション放送なので、
この重いお話を幼稚園2年間だけでも5〜6回、観たような気がします。
結論から申しまして、結末に救いが無さ過ぎて、
幼稚園児に鑑賞させてよいものか賛否あるかも知れませんが、
私は感受性の未熟なうちに観てよかったと、いまでも思っています。
主人公の家族や知人、赤の他人までバタバタとタヒんでいくのは、
昨今のアニメや映画ドラマでも日常茶飯事なので、
そんなものをとやかく言うつもりはありませぬ。
まあ悲劇の差別化という視点で語るなら、
名古屋章と宮城まり子ボイスが悲愴すぎて際立った…としか。
あとは作者の投影ですかね。
オスカー・ワイルドに限ったことではありませんが、
吾唯足知を感じられない書き手に幸福な物語など書けません。
  
あらすじを少しばかり。
ある学生の男の子が女の子に恋をしました。
舞踏会で一緒に踊ってもらう条件に、
彼女は赤い薔薇を一輪、所望します。
ところが、この冬は大変寒くて、白い薔薇しか咲いていません。
学生に恋していた小夜鳴鳥(ナイチンゲール)は、
彼の望みを叶えてあげたいと思い、白薔薇に話しかけます。
 
Q:どうしたら、赤い薔薇が手に入るのでしょう?
 
A:あなたの心臓の血で染めてくれればいいよ
  
もう悪い予感しかしないでしょう藁藁藁。
幼年期に喜怒哀楽の感情をフル回転させるのはよいことです。
願わくば、「喜」と「楽」が少しだけ上回る程度が望ましい。
そして「怒」と「哀」の負荷を与えるのがリアルでなく、
読書や芝居といった擬似体験であるなら、幸いだと思います。
私は、この物語に何らかの意味を見出そうと、
数10年間も思索しました。※うち9割9分9厘を食っちゃ寝に使用。
その答えを安易に此処に書いてよいものか躊躇ったのですが、
閲覧してくださる皆様におかれましては、
生涯かけて考える素材など他に幾らでもあると思います。
そんなわけで私なりの境地。
タイトルにあるように、主人公は小夜鳴鳥(ナイチンゲール)なのです。
彼女が何を思い、考え、タヒんでいったのか。それがすべて。
オスカー・ワイルドにしても同じことが言える。
彼は「ナイチンゲールと薔薇」の物語を書いた。
私たちが何を思索しようと、彼の耳にはもはや届かない。
書き上げたことのみについて、満ち足りて在るべきだと思う。
  
  • 2018.12.01 Saturday
  • 00:00

Comment
Send Comment